高分解能光電子分光装置
装置外観 装置概略図
装置性能
設置場所 東京大学工学部6号館116号室
特徴
2種類の光源:レーザーとヘリウム放電管

2.6軸制御マニュピレーターによる高い操作性

3.He連続流型クライオスタットによる高い冷却性能

4.EB加熱機構、通電加熱機構、スパッタガン、蒸着源、膜厚計、LEEDを備えた試料準備チャンバー付属
行える実験 1.角度積分光電子分光

2.角度分解光電子分光
総合性能 ・最高エネルギー分解能 < 0.9 meV (レーザー光源)

・角度分解能 < 0.1 deg

・到達最低温度 < 7.4 K

・到達真空度 5 x 10-11 Torr
付属計器 ・電子アナライザー, VG SCEINTA DA30

・6軸マニピュレーター&クライオスタット, AVC i-gonio

・ヘリウム放電管, VG SCIENTA VUV5000

・Ti : Sapphire laser, COHENRET Verdi-V18 & Mira-HP
光源仕様
レーザー ・エネルギー 5.9 eV

・エネルギー半値幅 340
meV

・光子数 2 x 1016 photons/s

・繰り返し周波数 73 MHz
ヘリウム放電管 ・エネルギー 21.2 eV (HeIa), 40.8 eV (HeIIa)

・エネルギー半値幅 1 meV

・光子数 2 x 1014 photons/s
Copyright © Ishizaka Group, Department of Applied Physics and Quantum-Phase Electronics Center, The University of Tokyo. All rights reserved.